【楽器未経験】ウクレレって簡単に弾けるの?に対する個人的な回答

【楽器未経験】ウクレレって簡単に弾けるの?に対する個人的な回答

簡単だと言われているウクレレ。
「簡単ならちょっと始めてみようかな」と思われる方も多いと思います。
たしかにボディも小ぶりだし弦も4本なので、すぐに弾けそうな気がしなくもない…

現に私も40代手前まで楽器を弾いたことがなく、何か趣味が欲しいと思い、簡単そうで場所も取らないウクレレを始めました。

最初に結論から言ってしまうと、「簡単でもあり難しくもある」です。

ちなみに、タイトルから「さもプロの方のご意見か」と思われた方もいるかと思いますが、私のウクレレ歴は3年ほどでレベル感は中級に片足を乗っけた程度。

※実際の演奏動画はこちら

こんな私でも、楽器未経験からどのようにウクレレに向かい合ってきたかは語れますし、逆にこれから始められる方にとって“すれて”いない活きたアドバイスができると思っています。

本記事は3分以内で読めます。
楽器未経験でこれからウクレレを始めようか迷われている方は、ぜひ参考になさってください。

ウクレレは簡単でもあり難しくもある

まず、本記事のタイトルに対する(極めて個人的な)回答を先に述べると、ウクレレは簡単でもあり難しくもあります
さらに、個人的には難しいと感じる時間の方が多かった気がします。

これはギターやベースなど弦楽器の経験者にとっては、まったく別の回答になると思います。

ウクレレを始めるまで楽器を本格的に練習したことがなかった私としては、まず押弦の痛みに慣れるまで時間がかかりましたし、単純なコードチェンジ(例:C→G7)がスムーズに出来るまで苦労したのを覚えています。

ただ、そういった1つ1つの壁を一歩ずつ乗り越えていく過程がとても楽しかったですし、壁を乗り越えて視界が開けていく感覚にひとりで興奮していました

kychan-101406-unsplash
Photo by kychan on Unsplash

スポンサードサーチ

「簡単」とは何をもって簡単と判断するか

一口にウクレレと言っても、「ウクレレで何を弾きたいのか」によって、簡単と感じるポイントが変わってきます

ウクレレには、「弾き語り(伴奏+歌)」や「ソロ(メロディーとコードをひとりで弾く奏法)」、ソロを発展させた「ジャカソロ」など、様々な奏法があります。

例えば「いくつかのコードを覚えて弾き語りがしたい」という人と、「ソロを弾けるようになりたい」という人では、簡単と感じるポイントが異なります。

コードを3つ覚えて伴奏して「簡単じゃん!」と思う方もいれば、複雑なソロ曲の楽譜を前に「いやこれ無理っしょ…」と感じる方もいます。
(そういう点では、私の目的は「ソロ」でしたので、難しく感じることが多かったですね)

弦の本数も4本ですし、その小さい見た目からも「簡単そう」と思えてしまうウクレレですが、弾きたい曲やスタイルによって簡単だったり難しかったりもするわけです。

「簡単か」ではなく「弾きたいか弾きなくないか」で判断しよう

何だかここまでの流れですと、「やっぱウクレレって難しそうだからやめとこうかな…」と思われてしまう方が出てきそうですが…ちょっと待ってください!

ウクレレと言えど「楽器」ですので、簡単に思うこともあれば難しく思うこともあります。

ただ、一番重要なのは(というか最後の決め手は)「ウクレレを弾きたいのか、弾きたくないのか」というあなた自身の気持ちや決意です。

私自身も、本格的に始めた楽器が「ウクレレ」でしたので、当初は「自分に出来るのかな…」という不安はありました。
しかし、様々な方の演奏動画を見たりブログを読んだりしたうえで「やっぱり弾きたい!」という決断をし、現在に至っています。

いまは指の皮膚炎により練習を休止していますが、ウクレレは今でも大好きですし、微力ながらも本ブログを通じてウクレレを始められる方が増えればいいなとも思っています。

「ウクレレを弾いてみたいな…」と思っているのでしたら、簡単か簡単でないかで判断するのではなく、「弾きたい」というその気持ちを信じて決断してみてはいかがでしょうか。

instrument-1146488_1280

スポンサードサーチ

まとめ

ウクレレを始めるといくつもの高い壁が立ちはだかると思いますが、それを乗り越えるたびにウクレレに対する愛着や楽しさが湧いてきます。

そのうち、「簡単かどうか」なんて気にしなくなると思いますよ。

「ウクレレを弾きたい!弾けるようになりたい!」という気持ちがあれば、(私がそうだったように)ウクレレを続けていけるはずです。

もちろん、弾けるようになるには日々の練習が必要です。
最初のうちは厳しい日々が続くと思いますが、練習を続けることで必ず技術は身についていきます。

練習熱心な方は、あっという間に私のレベルを抜き去ることができると思いますよ。

ウクレレを手にして、楽しい音楽人生を歩んでください!

スポンサーリンク