花菖蒲の季節到来!都内では小岩菖蒲園がおすすめ【東京】

花菖蒲の季節到来!都内では小岩菖蒲園がおすすめ【東京】

早いもので今年も花菖蒲の季節が近づいてきました。
紫陽花(アジサイ)ほどの賑やかさはないかもしれませんが、個人的には水辺に咲く花菖蒲は好きな花のひとつです。

東京で有名な菖蒲園といえば、堀切菖蒲園(葛飾区)や水元公園(足立区)などがありますが、私が一押しの菖蒲園は江戸川区の小岩菖蒲園です。

今回は個人的におすすめの小岩菖蒲園を紹介します。

※この記事に掲載している写真は2015年に訪問したときの写真です。

小岩菖蒲園について

東京都江戸川区にある小岩菖蒲園は、京成本線江戸川駅から徒歩5分の場所に位置します。
最寄りの駅名の通り、江戸川の河川敷に菖蒲園が広がっています。

※京成本線は、JR各線の日暮里駅で乗り換えることができます。ただし、江戸川駅は各駅停車しか止まりませんので、電車に乗る際は注意が必要です。

車で行かれる方は、河川敷に駐車場があるようですので、詳細は江戸川区の公式ホームページを事前にご確認ください。
小岩菖蒲園 江戸川区公式ホームページ

2018年6月2日(土)から6月17日(日)までの間、小岩菖蒲園まつりが開催されます。
期間中の土日は、JR総武線(各駅停車)小岩駅から直通バスが運行されるようです。

参考:
小岩菖蒲園まつり|全国観光情報サイト 全国観るなび 江戸川区(日本観光振興協会)

スポンサードサーチ

小岩菖蒲園のおすすめポイント

私が小岩菖蒲園をおすすめするポイントを3つ紹介します。

1.広々とした河川敷に位置している

前項でも書きましたが、小岩菖蒲園は江戸川の河川敷にあります。
江戸川の土手が程よく目隠しになっているので、写真を撮るにしても建物がそれほど移り込みません。

2.京成線の鉄橋が旅情を誘う

冒頭に掲載した写真をご覧いただければお分かりかと思いますが、菖蒲園のすぐそばに京成線の鉄橋があります。

それがまた菖蒲園と相まって、何とも(都内にもかかわらず)旅情を誘う風景なんです。
まるで映画『男はつらいよ』に出てきそうな光景です。

京成電車が鉄橋を通るタイミングでシャッターを押せば、インスタにも映えるのではないでしょうか。

3.色とりどりの花菖蒲が見られる

回遊式の小岩菖蒲園には、実に色とりどりの花菖蒲が咲いています。
ホームページを見ると、100種類(計50,000株!)もの花菖蒲が咲いているとのこと。

様々な花菖蒲をのんびり園内を回遊しながら見ることができるのも、おすすめしたいポイントのひとつです。

まとめ

最後になってしまいましたが、小岩菖蒲園の入園料は「無料」です(2018年5月25日現在)。

江戸川沿いの自然あふれる環境で、たくさんの花菖蒲を無料で見ることができる小岩菖蒲園ですが、花菖蒲以外にもアジサイなど季節の花も見ることができます。

今度の週末には「小岩菖蒲園まつり」も始まるようですので、賑やかになることでしょう。
ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク