ウクレレピクニックってどんなイベント?【横浜赤レンガ倉庫】

ウクレレピクニックってどんなイベント?【横浜赤レンガ倉庫】
question_head_boy

「ウクレレピクニックってどんなイベント?
まだウクレレを始めたばかりだし、行っても楽しめないんじゃないかな…」

この記事では、このような質問・疑問にお答えします。
本記事中でも紹介している2018年7月28~29日に開催予定だったウクレレピクニック2018は、台風の影響により「開催中止」が発表されました。
詳細については、ウクレレピクニック2018公式ページをご参照ください。
残念ですが、来年2019年のウクピクを楽しみにしたいと思います。

毎年夏に横浜の赤レンガ倉庫で開催されているウクレレピクニック(通称:ウクピク)。
今年2018年は、7月28日(土)と29日(日)に開催されます。

ウクレレを始めたばかりの方にとっては、果たしてどんな雰囲気のイベントなのか想像がつかないかもしれません。

ウクピクは、無料で入場できるイベントです。
オープンスペースで開催されているので、出たり入ったりは自由。
躊躇されている方やひとりで不安な方も、ほんの少しの興味があればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ウクレレピクニックの概要(2018年Version)

冒頭でも書いたとおり、ウクレレピクニック(2018年の正式名称:H.I.S. presents Ukulele Picnic 2018)は、横浜赤レンガ倉庫前の広場で開催されているイベントです。

プロのウクレレ奏者の演奏を聴いたり、全員で一緒にウクレレを弾けたりできる、ウクレレ好きのためのイベントです。

詳細な情報については、ウクレレピクニックの公式ホームページをご参照ください。
各ステージのタイムテーブルや出演アーティストも掲載されていますよ。
→ H.I.S. presents ウクレレピクニック2018 公式ページ

ステージ

会場には、計3つのステージがあります。

会場正面のメインステージ『やしの木のステージ』と、赤レンガ倉庫に挟まれた広場に設けられた『砂浜のステージ』では、主に午前中~夕方にかけては一般応募のグループによるウクレレ演奏やフラを、また、夕方から夜にかけてはプロのウクレレ奏者による演奏を楽しむことができます。

もうひとつ、『LeaLeaステージ』という小さめのステージでは、主にプロのウクレレ奏者による演奏や、トークショーなどが開催されています。

これらがすべて、無料で楽しむことができるんです!

イベント

ウクピクでは、『やしの木のステージ』前で、だれでも参加できる『みんなでウクレレタイム』が開催されます。

かのんぷ♪さんの「High Five!」などの曲を、参加者全員で合奏できるというイベントです。
ウクレレを弾かれる方は、ウクレレ持参で参戦しましょう!

ショップ

広場に設営されたテントでは、ウクレレ関連のショップや工房、ハワイ関連グッズのお店などが出展されており、ウクレレやウクレレグッズなどが購入できます。

意外な掘り出し物や、欲しかったモノがお安い価格で入手できるかも…
これらのテントを周るだけでも十分に満足できますよ。

フード

ロコモコやガーリックシュリンプなどmハワイ料理を扱うお店やケータリングカーが何店か出展されています。

会場の散策に疲れたら、会場の脇や近くの公園にはベンチもあるので、海を見ながらまったり食事をとるのもいいですね。

スポンサードサーチ

会場の雰囲気(2016年の写真と併せて紹介)

(昨年は行けなかったので)ちょっと古いですが、2016年に行ったときの会場の雰囲気を、写真を交えて紹介します。
ウクピクの大体の雰囲気を味わっていただけると幸いです。

まずメインのステージ『やしの木のステージ』はこのような感じ。

ukulele-picnic-overview01

写真はお昼前なので人もまばらですが、これが夕方から夜にかけて徐々に人が増えてきます。
理由としては、前項でも書いたとおりプロの方々の演奏が夜に集中しているため。
(暑さを避けるためかも知れませんが…)

続いて、会場内の様子。
ショップや小さめのステージなど、会場の様子はこのような感じ。

ukulele-picnic-overview02

ukulele-picnic-overview03

ここではじめて参戦される方にアドバイス。

ご覧のとおり屋外のイベントのため、とにかく暑いです!
水分補給はもちろん、暑くなったら無理せずすぐに赤レンガ倉庫にショッピングがてら避難しましょう

そして夜のステージの雰囲気はこんな感じ。

ukulele-picnic-overview04

演奏されているのは、ウクレレプレーヤーのJazzoomCafeさん。
魂のこもった演奏をされる方なので、ぜひ一度演奏を聴いてみてください!圧倒されます。

ウクレレピクニックQ&A

基本的なFAQは公式ホームページに掲載されているので、参加前に必ず確認してください。
ここでは、初めて行かれる方が悩まれているであろうポイントについて、想定Q&A形式で回答します。

当日行ってステージに立てるの?

各ステージでの演奏は、事前に申し込みをされた方だけです。
2018年はすでに締め切られているため、当日行ってもステージには立てません

ですが、日曜日夜の「みんなでウクレレタイム」であれば、ステージには立てませんが、ステージ前でゲストプレーヤーの方と一緒に曲を演奏できます。
ぜひウクレレ持参で楽しんでください!

初心者が行っても楽しめる?

ウクピクは、初心者の方だからこそ楽しめるイベントだと思います
プロのウクレレ奏者の演奏(指遣いや運指など)を間近で見られるのは、とても良い勉強になります。

ショップエリアでは様々なウクレレが展示・販売されているので、ウクレレの種類や音色についても知ることができます。

会場にはウクレレ好きしかいません。
どっぷりウクレレに浸かって、楽しみましょう。

ぼっちなんだけどどうしよう…

大丈夫。私も基本ぼっち参戦です。。
グループやカップルもちらほら(というか大多数)いますが、ぼっちも意外といますよ。

同じウクレレ仲間には違いないので、ぼっちを見つけたら心の中で(楽しもうぜ!)と言い合うくらいの心意気で参戦しましょう!
…そうすれば、ちょっとは気がまぎれると思います。

会場への行き方は?

私は、いつもJR桜木町駅から歩いて会場へ向かっています。
ただ、今年は酷暑なので、みなとみらい線の馬車道駅か日本大通り駅を使おうか検討中です。

参考までに、桜木町から赤レンガ倉庫までのGoogleマップのルートを貼っておきますので、ルートの参考にしてください。

スポンサードサーチ

まとめ

ウクレレ初心者であってもプロであっても、等しく楽しめるのがウクレレピクニックというイベントです。
とにかくウクレレ漬けになれるイベントなので、初心者であればなおさら楽しめるはず。

遠方の方は、横浜近辺にはホテルはわんさかあるので、泊まりがけ2DAYSでウクピクを楽しむのもありです。
→ agodaで横浜周辺のホテルを探してみる

首都圏にお住まいの方も、遠方の方も、ウクレレに夢中な方やこれから始めたいという方も、年に一度のウクレレピクニックを堪能しましょう!

スポンサーリンク